悩みタイトル

背中に急激な痛みが走る 背中の筋肉が突っ張ったような感じ 身体を前後に傾けると痛む 深呼吸をすると痛む 床に物を取ろうとすると痛みが出る その症状、、、ぎっくり背中かもしれません!

ぎっくり背中に対する当院の考え

皆さんは「ぎっくり腰」はご存知でしょうか?経験したことがある方もいるかもしれません。 その症状とは、筋挫傷によって、筋肉の繊維が少しだけ切れてしまうことを指します。背中周りに起こる場合は、「ぎっくり背中」となります。 この症状は、筋肉繊維の柔軟性不足によって引き起こされます。

ぎっくり背中を放っておくとどうなるのか

ぎっくり背中を放置すると、大変なことになります。 例えば、日常生活の些細な動作でも筋肉の柔軟性が足りず、痛みが出てしまい、思い通りに身体を動かすことが困難になります。 そのような症状が続いてしまうと、「ぎっくり背中」が再発するのではないかと不安になり、身体を動かすことに消極的になってしまうかもしれません。

ぎっくり背中の軽減方法

ぎっくり背中は施術を受けていただくことにより痛みの軽減が期待できます。 そのため、早めの治療が必要です。 また、施術後は、適切なストレッチやトレーニングを行うことで、再発予防につながります。 皆さんも、身体の痛みを放置せず、早めに施術を受けるように心がけましょう。

施術を受けるとどう楽になるのか

「猫背軽減の施術」を受けると、筋肉、骨、関節への負担を軽減し、外部からの力で柔軟性を促進し、ぎっくり背中を起こしにくい体の状態になることが期待できます。 また、「鍼施術」によって、深部の筋肉にアプローチし、身体の負担になる柔軟性不足を解消し、ぎっくり背中を起こしにくい状態にする効果も期待できます。 どちらの施術も、筋肉の柔軟性に対してアプローチをするものです。

軽減するために必要な施術頻度は?

必要な施術頻度は患者様の体の状態によって異なりますが、メンテナンスとして考えると、週に1回~2回の来院ペースが理想的と考えられます。 しかしながら、患者様一人一人に合わせたオーダーメイドの施術を行っていますので、ご都合に合わせてお気軽にご連絡ください。